髭を薄くするクリームは、どれがいい?

髭を薄くするクリームは、どれがいい?

髭を薄くするクリームを選ぶなら、髭を濃くする因子を阻害するものを選ぶべし

髭剃りから卒業したい!髭を薄くするクリームはある?


早い人なら中学生から、多くの人は高校生から生えてくる髭。社会人になると毎朝剃って出勤、というのが日課という人も多いでしょう。

しかし毎日剃っても髭はなくならないばかりか、年々濃くなり青髭になってしまうという人も大勢います。髭が濃すぎると見た目が堅く怖い印象を与えがち。

だからあなたも何とかこの青髭を薄くしたいと思っているのでは?

青髭を少しでも解消するために何か良い方法はあるのでしょうか?

青髭を改善するのに、もっとも手軽なのが髭を脱毛するクリームやローションを使ってみることでしょう。

その名の通り、髭を取り除くことが目的であるクリームで、剃るよりつるつるになり、剃った後のジョリジョリ感もなくなります。仕上がりも上々です。

使用方法はクリームを塗ってから数分して洗い流すだけと言う簡単なものです。

髭脱毛クリームはドラッグストアやネットで手軽に手に入るのもメリットの1つでしょう。

髭の脱毛クリームなら、つるつるになり手触りも良くなる

脱毛クリームを使うことで髭がクリームに含まれる成分によって分解され、髭が抜け毛がなくなります。

とっても手軽なこの方法。シェービングローションを塗る感覚で髭の処理か完了します。

ただ、髭の脱毛クリームには永久的な脱毛効果は望めません。あくまで今生えている髭にのみ作用します。

髭脱毛クリームのメリットは自宅で簡単に髭を綺麗にすることが出来ることです。さらに剃るのと違ってカミソリ負けの心配をすることもありません。

さらに剃って髭を処理するより、深く髭の処理をすることが出来るため青髭をなくすことに一役買います。

ただし独特のニオイもありますし、結局髭はまた生えてきますからお手入れが必要となります。また肌が敏感な人は荒れてしまう可能性もあります。

それでも髭が一時的にでもつるつるになり、綺麗になるのですから、髭脱毛クリームは魅力的なクリームの1つでしょう。

抑毛ローションという手段もアリ

髭を薄くするクリームと言えば、脱毛クリームの他にも抑毛ローションという手段もあります。

抑毛ローションは脱毛クリームとは異なり、塗った直後に髭がなくなると言うことはありません。

ローションの中に含まれる成分が、毛の成長する成分を抑制し、髭の成長を抑えてくれます。毎日使い続けることにより、徐々に毛が薄くなっていくというのが抑毛ローションです。

今すぐに髭をなんとかしたいという人には向いていないかもしれませんが、早い人で1か月程度で毛が細くなり始めます。

遅い人だと半年から1年かかる人もいると言われていますが、そこは気長に使っていけば良いでしょう。

また、効果がなかなか出ないなら抑毛ローションを単体で使うよりも、脱毛クリームと一緒に使うとより効果的です。

脱毛クリームで髭を除去することで青髭を緩和し、抑毛ローションで毛の成長を抑えていくということで長期的な緩和を目指すわけです。

そこでおすすめなのが、髭の濃さを決定づける 5αDHT に作用するゼロファクターという抑毛ローションです。

5αDHTは髭の毛乳頭に結び付くと成長因子が増え、髭がどんどん濃くなってしまうのです。

ゼロファクターは、この 5αDHT を抑制することで髭が濃くなることを防いてくれます。

濃い青髭の悩みにゼロファクター
https://cp.mandm-ltd.jp/

徐々に毛が薄くなっていくのが抑毛ローション

ゼロファクターなどの抑毛ローションは、使えばすぐに効果が出るというものではありません。

ある程度の期間、使い続けることで徐々に髭を薄くしていきます。

そこでおすすめなのが脱毛クリームと一緒に使う方法です。即効性に欠ける点を脱毛クリームで補いつつ、継続して使うことで青髭の改善に繋げていきます。

また抑毛ローションにはクリームに肌を保護してくれる成分が配合されているので、髭剃りと比較すると肌荒れの心配が少ないことやカミソリ負けの心配もありません。

肌荒れやカミソリ負けで傷ついた肌、ゴツゴツした肌はそれだけで印象が悪くなるものです。

ゼロファクターなら青髭だけでなく肌の状態の改善にも一役買い、一石二鳥ではないでしょうか。

即効性なら髭脱毛。コストで選ぶなら抑毛ローション

髭を深剃りしたり毛抜きで抜いたりしても、髭を薄くすることは出来ません。

特に毛抜きなどで抜いてしまうと毛穴を傷つけてしまうことになりますから、よけい赤く腫れて目立ってしまいます。

ですから髭を抜くことは、お勧めできません。

それに髭を薄くするには、髭を生成する毛乳頭や毛母細胞の働きを抑止させる必要があるんですね。ただ抜いただけでは薄くすることはできないのです。

その点、ゼロファクターなどの抑毛ローションなら髭の成長を抑制する成分が含まれていますから、使い続けるうちに青髭を改善し薄い髭へと導いてくれます。

もちろん効果には個人差があります。また毎日継続するのが大変という人もいるかもしれません。ですが一度薄くなると髭が薄い状態が続きますから、大変お得です。

カミソリ、シェービングローション、シェーバーなどにお金をかけていたことを考えると、コストパフォーマンスも高いわけです。

ちなみに脱毛サロンの髭脱毛は一番、即効性があり、脱毛した時から髭が薄くなります。今すぐ髭を薄くしたいなら髭脱毛がおすすめです。

しかしコストがかかることは覚悟する必要があります。髭の範囲、量にもよりますがトータルで10万円から20万円ほどかかります。

それでも髭がなくなることで肌が綺麗になり若々しく見えるので、本当に髭、青髭を何とかしたいと思っているなら脱毛サロンで髭脱毛をすることをおすすめします。

費用対効果のバランスを考えると抑毛ローションも捨てがたいです。続けることで徐々に抑毛効果は浸透し、髭を薄くすることが出来ます。

無精ひげや青髭、ごつごつ荒れた肌などは髭が薄くなることにより、悩みを解消することが可能でしょう。

敏感肌の男性でも使える美容成分配合のローション

抑毛ローションには肌をケアする美容成分が配合されているものも多くあります。

ですから敏感肌で普通のローションは使いたくない。いつもカミソリ負けしているという人にも抑毛ローションはおすすめです。

ただ、市販の抑毛ローションにも様々な種類があり、どれを選んでよいのか分からないという人も多いでしょう。

そんな人には美容成分もばっちり入ったゼロファクターをおすすめします。

ゼロファクターには毛穴を引き締め、肌の表面を整え、肌に潤いを与える美容成分が入っている上、シェービング後の鎮静作用まで考えられたローションです。

何より濃い髭にばっちりアプローチするため、濃い髭を作り出す要因となる 5αDHT(5αジヒドロテストステロン)を阻害する成分が豊富に入っているのです。

5αDHT、または DHT を見て AGA(男性型脱毛症)を思い出したかもしれませんが、あの DHT と同じものです。

頭頂部にある毛乳頭のレセプターに DHT が結びつくと髪の毛のサイクルが狂い薄毛となってしまうのですが、逆に髭の毛乳頭のレセプターと結びつくとIGF-1(インスリン様成長因子)が増え、髭が濃くなるのです。

このため髭が濃くなる要因である 5αDHT を阻害することが青髭を抑えるためには必要なことなのです。

ゼロファクターには、髭を濃くする 5αDHT を阻害する効果のある成分が複数入っているので、青髭対策に選ばれているわけですね。

濃い青髭の悩みにゼロファクター
https://cp.mandm-ltd.jp/

 

TOPへ戻る